マッサージをして良質な睡眠を!

マッサージをして質の良い睡眠が大切

マッサージで質の高い眠りができる

まずは「頭全体」

質のよい睡眠のためにまずマッサージしたい場所は「頭」です。
ヘッドスパでついつい寝てしまった、という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
様々なやり方がありますが、ここでは指やスプーンを使って頭全体をマッサージする方法をご紹介します。

ます、おでこの皮膚を指やスプーンで引き上げたら、頭がい骨の形を意識しながらこめかみから耳の上、髪の毛の生え際、頭頂に向かって頭皮を引き上げていきます。
その後、耳の後ろ側を耳を倒すようにしてマッサージしてください。

たったこれだけですが、マッサージ後には頭の緊張がとれ、血が巡ってじんわりと温かく感じると思います。
なにより気持ちよく、リラックスできるので、いい気分で眠ることができます。

身体の「ツボ」

次に、一点集中で押さえるツボについてご紹介します。
指でゆっくりと押さえていきましょう。

有名な睡眠の万能のツボは、「老宮(ろうきゅう)」と「失眠(しつみん)」と呼ばれるツボです。

まず「老宮(ろうきゅう)」ですが、これは手のひらにある精神に働きかける作用のあるツボです。
指を折りたたむようにして(爪を見るようにして)手を軽く握ったとき、人差し指と中指の先端の中間にあたる部分になります。

「失眠(しつみん)」は、その名が示すように、かかとにある不眠症を和らげる代表的なツボです。
かかとの中心を指の関節で押さえたり、また、温めることでも効果を発揮します。

ツボはたくさんの種類がありますが、まずはこの2つを覚えておくといいと思います。


この記事をシェアする